Loading…

スポンサーサイト

Posted by 陶芸工房 北陶 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

包装

Posted by 陶芸工房 北陶 on 27.2012 作品   0 comments   0 trackback


作品や商品を販売するときに、木箱や紙箱に詰めて、包装してお渡ししますが…

この作業、結構好きです。

中にいれる梱包材や、ウコン布、作歴、包装紙など、いろいろ準備して…落款を押したり…段取りが大事です!

そして、パリッと仕上がると、気持ちいい!

写真は、昨日包装したものですが…
先生が作った飴釉の中鉢が入ってます。

後ろの方にコッソリ先生が写ってますが、熨斗紙の表書きを書いてるところです。

haru
スポンサーサイト

ばったり!

Posted by 陶芸工房 北陶 on 25.2012 STAFF   0 comments   0 trackback
先週の土曜日、片町の居酒屋さんに行ったら…

「人違いだったらすいません。陶芸教室でお勤めじゃないですか?すごく良く似ておられるので…」

とお店の方に声をかけられました。

「確かに陶芸教室で働いてますけど…」

と、詳しく話を聞くと、四月に

ビジターコースで結婚記念の飯碗を作りに来られたSさんご夫妻のご主人でした。

わたし、作ってる茶碗ばっかり見てたのか、顔はうる覚えだったので…←言い訳です(^^;;

すいません。

かなり動揺してたので、あんまりお話できませんでしたが、いま、考えてみると、いろいろ聞いておけばよかった…

お茶碗の焼き上がりは気に入ってもらえましたか?

ラッピングは、うまくいきましたか?

ご両親は喜んで下さいましたか?

また是非、遊びにきてください!

haru

花生

Posted by 陶芸工房 北陶 on 25.2012 教室   0 comments   0 trackback
今日は、鶴寿園陶芸教室では、本焼の窯出をしました。

初級講座のみなさんは、陶芸を始めて3ヶ月。

3つ目の課題の花生が焼き上がりました。



直径10cm、高さ30cmまでなるべくまっすぐ積み上げ、
そのあとは、みなさん好きなように自己表現を…という課題です。

カタチを変形させたり、模様を付けたり。

それぞれ、作者の人柄が出てる感じがします。


そのあとは、国際ホテルで毎年恒例の懇親会。

ちなみに、ワタクシ、今日が誕生日。
みなさんにお祝いしてもらえて、楽しかったです。
ありがとうございました。
何歳になったかは、もう言えません…

haru

北陶研修旅行に行って来ました

Posted by 陶芸工房 北陶 on 01.2012 イベント   0 comments   0 trackback
昨日・今日と、北陶研修旅行で佐渡へ行って来ました。興奮冷めやらぬ、今日のうちに、早速ご報告です。

北陶受講生、外部教室の方々、スタッフ合わせて、35名。にぎやかな旅になりました。

朝6:30、金沢をバスで出発して、直江津でフェリーに乗りました。



フェリーの周りを飛ぶカモメに手渡しでエサあげたり。お天気も良く、気持ちいい!



佐渡に着き、本間勲先生の工房へ。
気さくな先生で、いろいろお話して下さいました。写真は、登り窯のそばで、説明を聞いてるところ。



その日は、そのあと、酒蔵見学。
お酒が好きなみなさんは、いろいろ試飲して楽しんでおられました。

そして、佐渡金山。江戸時代の金山で働く人々の様子を見て、なんだかひとり切なくなったワタクシでした。

お楽しみ、旅館でのお食事です。
さすがは佐渡。美味しいお魚とお酒をいただき…もう一泊したいくらい。





芸達者なみなさんのカラオケでおおいに盛り上がり…
そして、貴重な映像です。
相撲甚句を披露する雪峰先生。
お腹がちょっと気になります(笑)



2日目には、人間国宝・伊藤赤水先生の記念館や、無名異焼の展示をいろいろ見て…
みなさん、記念にいろいろお買物しておられました。わたしも、湯呑とマグカップを買いました。

そうそう、無名異焼の土が手に入ったので、工房に帰ったら、みんなでその土を分けて、何か作ってみることになりました。何を作ろうか、楽しみです。

やきもの写真があまりアップ出来ませんでしたが、美味しいモノと、楽しい体験、そして、やきものにあふれた旅行でした。

参加されたみなさん、お疲れのことと思います。ゆっくりお休み下さい。

haru

プロフィール

陶芸工房 北陶

Author:陶芸工房 北陶

最新コメント

QRコード

QR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。